しゅんやのウイスキーノートブログ

しゅんやのウイスキーブログ

まだまだウイスキー初心者の若輩者ですが、自分なりのウイスキーノートとして作成しました。

ジャックダニエル

スコッチでもない。バーボンでもない。ジャック ダニエル

 数々のロック・ミュージシャンを虜にし、世界中で愛されるウイスキー

 

ジャック ダニエルとは

アメリカ合衆国テネシー州に本社を置く酒造メーカー。

また、同社が製造するテネシーウイスキーの代表的な銘柄。いずれも、同社の創始者であるジャック・ダニエルに由来する。

ジャック・ダニエルは、1850年9月、テネシー州に誕生し、7歳にしてウイスキーを製造・販売していた宣教師のもとに働き始めた。そこで、ウイスキーの製造技術を習得し弱冠13歳という若さで、牧師よりウイスキー事業のすべてを引き継ぐことになる。

 ジャックダニエルはバーボンウイスキーであるが、それ以上にテネシーウイスキーである。

テネシーウイスキーは、バーボンウイスキーの条件をすべて満たした上で、テネシー州産、チャコール・メローイング製法であることが条件である。

チャコール・メローイング製法とは蒸留後のニュースピリッツをサトウカエデの炭で1滴ずつろ過することである。

この手間の掛かるチャコール・メローイング製法を行うことによって、ジャックダニエル特有のフレーバーが産み出される。

ジャックダニエルのラベルにはオールドNo,7と言う表記があるが、この数字の逸話は数々ある。

ジャック・ダニエルはとても魅力的でプレイボーイだったとして知られており、一度も結婚しなかったようだ。 オールドNo,7の7という数字は、恋人の数だったとも言われている。

またはジャック・ダニエルの7番目の試作品と言う説もある。

 

それでは私なりのジャックダニエル

評価報告をします
f:id:shunyapony:20180324100110j:image

 バニラやメープルの様な甘さが印象的。

後味にウッディな香りが追いかけてくる。

口当たりはスムースで滑らか。

加水するとフルーティー感と若干の樽由来の渋み?の様な味が出てくる。

 

香り ★★★☆☆
深み ★★☆☆☆
好み ★★☆☆☆
総合 ★★☆☆☆

 

まとめ

なんといってもジャックダニエル独特の甘さが印象的なウイスキー

嫌な後味もなく強いクセも無い。

スコッチやジャパニーズとは全然違うウイスキーのため、違った味わいが面白い。

スコッチの様なスモーキーが苦手な人には向いているウイスキーかも。

 

最後に

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あくまでも個人的な感想なので、

もし参考になるようでしたら幸いです。